About ACCAACCAについて

ACCAの沿革

2015.07: 第1回中国(広州)インターナショナルコイン・ショーに出展。
2015.03: 米国Dragon & Phoenix Coin Co.と代理店契約を締結し、正式に米国市場に進出。
2014.12: 第1回インターナショナルコイン(マカオ)及び貴金属展示会に出展。
2014.11: 第七回中国(上海)コイン、スタンプ博覧会に出展。
2014.10: 2014(北京)インターナショナルコイン・ショーに出展。
2014.07: 「大銅章in中国」全国巡回展示第5点(南京)に参加。
2014.03: 正式に紙幣鑑定業務サービスを開始。
2014.01: ACCA包装ボックスにバーコード、ラベル等の第3回バージョン変更。
2013.12: 北京東方大観オクション会社と代理店契約を締結。
2013.11: 第六回中国(上海)コイン、スタンプ博覧会に出展。
2013.10: マカオコイン学会がACCA及び台湾幣鈔鑑定協会、台北市貨幣コレクション協会ご来訪。
2013.07: ホンコン華輝拍賣行(Fortune Auctioneers)と代理店契約を締結。
2012.12: 北京愛家投資控股集團と提携、愛家收藏にACCAの総代理権を授与し、中国内地に格付けの受理サービスを開始。
2012.10: 台湾幣鈔鑑定協会と提携、台北市剥皮寮歴史文化街にて、第2回台湾貨幣展示販売会を開催。
2012.06: ACCA鑑定センター新事務所竣工、お客様により迅速よりプロフェッショナルなサービス提供開始。
2011.10: 台湾幣鈔鑑定協会と共同に、西門町紅楼にて、第1回建国百年貨幣ショーを催行。
2010.07: 台湾幣鈔鑑定協会及び皇城文化と共同に、台湾サマー貨幣バザーを催行。
2010.01: 簡任賢氏が台湾幣鈔鑑定協会の設立を発起し、第1回理事長を務める。
2009.09: ACCA文化出版部門を設立し、王皇文氏が率いる皇城文化と協力し、貨幣シリーズ書籍の編集を開始。
2009.08: ACCA正式に運営開始、認証ケース、中国、日本、米国、台湾等各地の銀貨300枚を初ロットとして認証。
2008.09: ACCAアジア貨幣格付け定センター正式に設立。
2008.08: 倫敦珠寶集団が組織変更、TGC、ACCA、ネットワーク及び店舗部門をそれぞれ設立。
2008.07: ACCA亞洲錢幣鑑定中心を設立登記し、品質管理経営が国際基準に合致することを図り、ISO9002国際品質保証基準の導入を企画し、アジア地域で初のISO品質保証の認証を取得した貨幣格付け会社となる。
2008.06: GIA Matrix CAD/CAM宝石デザインコンピュータ作図の認証を取得。
2008.06: 中華民国国家科学研究プロジェクト第3ステージ、人工神経網を用いたカラットゴールド測定。
2008.02: 製品設計開発部を設立、専属コレクションのアクセサリの開発をスタート。
2007.12: ACCA代表者簡任賢氏が米国宝石学会(GIA)より、宝石研究専門家資格を取得、その認証フローを貨幣格付けに導入。
2007.08: 台北宝石顧問鑑定有限公司(TGC)を会社登録。
2007.06: 中華民国国家科学研究プロジェクト第2ステージ、人工神経網を用いた偽貨幣映像の識別を実施。
2006.06: 中華民国国家科学研究プロジェクト第1ステージ、人工神経網を用いた偽貨幣の鑑定を実施。
2005.05: ACCA研究室と、中華民国行政院国家科学委員会、国立海洋大学海洋工学学院と協力し、王正平教授が申請許可したテーマ研究計画「貨幣鑑定の研究 - 人工神経網を用いた偽貨幣の鑑定」を実施。