About ACCAACCAについて

ACCA研究室

ACCAは2005年に設立されました。行政院国家科学委員会、国立海洋大学海洋工学大学院と協力し、テーマ研究計画「貨幣鑑定の研究 - 人工神経網を用いた偽貨幣の鑑定を実施したほか、さらに2006年、2007年には、行政院国家科学委員会2つの段階のテーマ研究計画「人工神経網を用いた偽貨幣の鑑定」と、「人工神経網を用いた偽貨幣映像の識別」を実施し、専業の貨幣鑑別システムを完成し、いままでのような人の経験に頼る単一判断パターンを乗り越えて、貨幣鑑定技術が正式に科学時代に入いた。

一方、貨幣鑑定に関わる論文は2009年に国際学術フォーラムより高い評価を頂いており、米国著名なサイエンス・サイテーション・インデックス(SCI):Machine Vision and Applicationsはさらに高度な評価を頂き、ACCAは2010年に中華民国国家造幣廠(注:造幣局に相当する機関)より、偽貨幣の鑑識技術の共同研究の要請がありました。その鑑識技術は国家及び国際から高度な評価をいただいており、その後、2012年には台湾幣鈔鑑定協会と、台北市貨幣コレクション協会が中国北京貨幣博物館の訪問要請を受け、鑑定技術に関する学術交流を行いました。このように、正真正銘のサードパーティの貨幣鑑定機関の地位を確立しました。


以下は、一部の論文内容の抜粋です。

錢幣比對檢測流程圖