About ACCAACCAについて

ACCAについて

ACCAアジア貨幣鑑定センターは2005年に研究室を設立。その後、2008年にアジア初の貨幣鑑定センターを正式に設立し、本部を台湾台北市に置くアジア地区最大の鑑定及び格付け数量のサードパーティ貨幣鑑定機関であります。世界各地からの評価要求件数も年々に増加しており、貨幣格付け基準も貨幣収蔵家、国際オークションから極めて高い評価を頂いており、ますます多くの貨幣収蔵家が専業のACCAを選択されている。

ACCAグループは2005年に設立されました。行政院国家科学委員会、国立海洋大学海洋工学大学院と協力し、テーマ研究計画「貨幣鑑定の研究 - 人工神経網を用いた偽貨幣の鑑定を実施したほか、さらに2006年、2007年には、行政院国家科学委員会2つの段階のテーマ研究計画「人工神経網を用いた偽貨幣の鑑定」と、「人工神経網を用いた偽貨幣映像の識別」を実施し、専業の貨幣鑑別システムを完成し、いままでのような人の経験に頼る単一判断パターンを乗り越えて、貨幣鑑定技術が正式に科学時代に入いた。

一方、貨幣鑑定に関わる論文は2009年に国際学術フォーラムより高い評価を頂いており、米国著名なサイエンス・サイテーション・インデックス(SCI):Machine Vision and Applicationsはさらに高度な評価を頂き、ACCAは2010年に中華民国国家造幣廠(注:造幣局に相当する機関)より、偽貨幣の鑑識技術の共同研究の要請がありました。その鑑識技術は国家及び国際から高度な評価をいただいており、その後、2012年には台湾幣鈔鑑定協会と、台北市貨幣コレクション協会が中国北京貨幣博物館の訪問要請を受け、鑑定技術に関する学術交流を行いました。このように、正真正銘のサードパーティの貨幣鑑定機関の地位を確立しました。

ACCAアジア貨幣鑑定センター現在の鑑定業務の範囲は、近代貨幣、機械製貨幣、銀インゴット、小銭、銅貨、四代銀行の紙幣、初版の人民元等を含む。公平、公正、公開な鑑定フローに基づき、売買に絶対関与しない。鑑定チームは国内外各分野の専門家より組織しており、特に格付けの安定性及び基準は、すでに米国ANACS、PCGS、NGC 3つの歴史を有する会社に認められ、貴殿の収蔵品価値を上げるベストチョイスである。